Ryo-Yong「笑顔のWA!」

色々な出来事などを書いていきます(^^♪

ザ・マジック(ロンダ・バーン)実習を始めて一週間。そして一日の一部始終の書き出し作業もしました。

今日もごきげんさんです(^^♪

 

今回は、ロンダ・バーンさんの著書「ザ・マジック」にある

28日の実習を始めて一週間の経過を書いていきます。

(実習の効果は人それぞれです。あくまでもワタクシの経験ということで)

 

実習を行う前のワタクシは感情の整理ができずにモヤモヤとしていて、ポジティブなのかネガティブなのか混乱していました。ポジティブでいても「いい気分でいる」ことが出来なく、「いい気分でいたい」ためにネガティブになれば無理やり排除していたために、更にネガティブが襲ってくる悪循環の状態でした。本来、その感情の「根っこ」から解決する作業が必要ですが、一度挫折した後に時間を空けていました。

この作業は必ずやります!本気ですから!

 

さて、実習初日の「感謝のリスト」を一日10個、ノートに書くことから始め、七日目のネガティブ思考からの脱出法の実習(就寝前の感謝の石の実習までありますが)を終えて、少しずつですが「あっ、な~んだ。ネガティブを排除することないんだぁ(^^」って思えるようになりました。

 

感謝が足りなかったんだ・・・。

 

書籍を何度も何度も読んでいるうちに、感謝が足りなかったことを少しずつ認めることができ、実習を続けることができています。

実習を行いつつ、他にしたことは就寝まで自分は何をして、どんな気持ちだったのかを一部始終書き出して客観的に見ることをしたのでした。

例えばネットニュースはどんな内容のものを中心に見ていたのか。それを見てどう思ったのか。ニュースの内容は自分自身を成長させるものなのか否か・・・など。

書き出して客観的に見てどう思うのかを自分に問う。その後はどのように対処すれば良いのかを考えたり、やってみる作業を繰り返しです。

 

書き出したメモを見返したとき、ハッとしました。

自分がネガティブ思考に追い込んでいた原因は普段からの習慣だったことに気づいたのでした。そりゃ、辛くなるわけだし続くわけだわ・・・。

このネガティブをまずは受け入れて、感謝の気持ちを込めてメモを破り捨てて手放すことにしたのでした。手放したときに心が少しずつ楽になりました。

実はこの作業は実習中に「あっ、これをしよう」と、頭の中でふと思い浮かんだことでした。

 

人生、時々ネガティブになったりしたら、受け入れて感謝で手放せばいい。ネガティブを無理やり排除する必要はないんだなぁって思えるようになったのも実習のお陰です。

一週間ではありますが、ここまで気づきを得ることができたのは嬉しいことでした。実習を終えた頃はどんなふうになっていくのか、楽しみです。

 

ただし、実習を終えても継続はしていきたいなぁ(^^

 

ザ・マジック

ザ・マジック

 

 

Copyright ©Ryo-Yong「笑顔のWA!」 All rights reserved.